従業員の生活向上のための制度

,

福利厚生とは、企業が従業員やその家族の健康や生活の向上のために実施する制度のことだ。
大きく分けて、年金や保険といった事業主負担になる法定のものと、企業が独自に行う法定外のものがある。
法定外の福利厚生は、企業によって多岐にわたる。手厚さも多種多様なので、仕事を選ぶ時に業務内容や労働条件、給与以外の点で注目したい項目の一つだ。
たとえば、社宅や社員寮などに相場よりかなり安い価格で入居できたり、住宅手当が支給されたり、社員食堂を安価で利用できたりといった、直接生活費にかかわってくるものがある。
また、結婚や出産に対する祝い金や事故などに対する見舞金など、給与以外に現金が支給されることもある。
他にも、利率の高い社内預金などをおこなっている企業もある。
最近では、法定の有給休暇以外にリフレッシュ休暇や資格取得といったキャリアアップのための休暇などが認められている会社があり、話題になっている。さらに、余暇の充実のためにクラブ活動などを行っていたり、スポーツジムや宿泊施設などを無料や割引価格で利用できるような制度もある。
企業にとって、法定外の福利厚生の充実は企業にゆとりがあり、従業員を大切にして働きやすさに配慮している会社としてアピールできる格好の手段だろう。
また、従業員にとっては恩恵にあずかるだけでなく大切にされていると感じることで、働く意欲の向上にも繋げられるというメリットもある。